MENU

東京都包茎手術人気クリニックランキング

同じ包茎にもいろいろな種類がありますが、亀頭部分が露出しにくい方はカントン包茎と言えます。このカントン包茎に関しては、他の包茎とは違いカントン包茎手術が必要です。一方真性包茎の場合には、包皮と亀頭が癒着しているので包皮をむくことすら出来ません。また、仮性包茎の場合には、普段亀頭部分が包皮で覆われているものの、包皮を押し下げると露出も容易に出来ます。もちろん勃起の際には勝手に亀頭部分だけ露出してくれます。そういう意味でカントン包茎は、露出は出来なくもないが包皮の開口部が狭いために露出しにくいという点が違うと言えます。また、無理に露出した場合には、包皮の開口部が亀頭を締め付けるために亀頭が膨張して戻らなくなる場合もあります。ただし、カントン包茎には軽度と重度というような包皮の開口部の大きさに多少の差があります。従って開口部が狭い場合は、重度となり亀頭の根元を締め付けて血液が循環しなくなる危険な場合もあります。最悪、血液が循環しないために亀頭部分の細胞が死んでしまうことすらあるので、真性包茎よりもやっかいというか、同じ包茎の中でも最も恐ろしい包茎とも言えますので、早急にカントン包茎手術をお勧めいたします。思春期にもなると寝ている間に勃起状態になりそのまま血液が循環出来ないで、朝起きた時には手遅れということも無きにしも有らずです。東京などの大きな街では、いろいろなクリニックや病院があるので、カントン包茎であると判明したならば、早急にカントン包茎手術を受けた方が無難と言えます。

 

新宿 包茎 神奈川 包茎手術